› 素敵にサボタージュ › お出かけ › 年の初めの鉄道館 ~蒸気機関車編

2015年01月24日

年の初めの鉄道館 ~蒸気機関車編

30分早く起きるだけで1日中ねむたい管理人でございますこんにちは。

いやぁ、朝の30分は貴重ですね。
起きる時間を7:00から6:30にしただけでこのザマです。
1日中あくびばかりしてます。
まぶたが鉛のようだ、って表現がピッタリです。

…じゃあ30分早く寝ればいいんでしょうが、そうならないあたりに私の
怠惰っぷりが垣間見えますね。


懺悔も済んだところで"リニア・鉄道館"、続きです。

今回は蒸気機関車の写真を集めてみました。
ではどうぞ。




実はエントランスを抜けて最初に出迎えてくれるのがこちら、
C62形蒸気機関車、通称シロクニ。

日本国有鉄道(国鉄)の旅客用テンダー式蒸気機関車である…とか
マニア情報は我らがうきぺでぃあ様でもご覧になって下さいね。
私に聞かれてもわかりません。



かくいう私も、この時点で相当浮かれたのは言うまでもありません。ぱたぱた。



蒸気機関車の展示は実はそれほどたくさんありませんでした。
こちらのC57形ともう1機だけみたいです。


このね、ヘッドライトがなんともいい味出してますよね。
シャレオツ!



ちゃんと機関部分も展示されてますよ~。
私好きなんですよ。こういう…鉄くささ、っていうんでしょうかね?


石炭の投入口…火室、とかいうんですかね。
…をあえて開けているあたりにコダワリを感じますね。

とはいえ、デゴイチとかあればもっとよかったですねえ。



機関車ではないですが…"国鉄バス1号"。
展示されてるものの中でも変わり種ですね。


バスの博物館、なんてあったら移管させられそうですね。



坊ちゃんもこの喰らい付きです。
イイカンジですね。




模型でさえこの喰いつきっぷりです。


普段からテンションアゲアゲな彼ですが、今日はまあ一段と
アゲアゲアゲアゲな感じでした。

何が楽しいのかはよくわかりませんでしたが。



彼を鉄道好き(なのか?)に駆り立てたのがこちら、連結器。


某テレビ番組で新幹線の連結動作を見てからというもの
それはもう素晴らしくお気に召したようで、ことあるごとに

「がっちゃん?」

と呼んでおります。


関係ない話をしていても

「がっちゃん?」

と挟んでくるので注意が必要です。


今回ここに来た原因でもあり、
"かかみがはら航空宇宙科学博物館"に行く計画がフイになった
理由でもあります。


今日はこのへんで。次回に続く~。

同じカテゴリー(お出かけ)の記事画像
だから~今日は~婚活パーティ♪
年の初めの鉄道館 ~レトロ電車編
年の初めの鉄道館 ~新幹線編
行くぜ夢の国! ~another
行くぜ夢の国! ~その4
行くぜ夢の国! ~その3
同じカテゴリー(お出かけ)の記事
 だから~今日は~婚活パーティ♪ (2016-01-23 15:17)
 年の初めの鉄道館 ~レトロ電車編 (2015-01-29 00:38)
 年の初めの鉄道館 ~新幹線編 (2015-01-21 00:54)
 行くぜ夢の国! ~another (2013-10-14 00:54)
 行くぜ夢の国! ~その4 (2013-10-05 23:13)
 行くぜ夢の国! ~その3 (2013-10-02 22:24)

この記事へのコメント
たろさーん、お久しぶりです(^-^ゞ

たろさんは果たして生きているんだろうか…。
と、ちゃーりー家ではたびたび話題になってましたよー!!
弟さんにも怖くて聞けず…。(笑)

生きててよかった~(笑)

鉄道館素敵なスポットですね♪
大人だけでも大丈夫かなぁー(*^^*)

私は新幹線より蒸気機関車派だな!!

また、たろさんの面白いブログが見れるかと思うと、嬉しいなぁー(*´∀`)♪
そういう私も全然書いてないんですけどねっ!!(笑)

また、娘ちゃんと息子ちゃんにも会いたいなぁー♪
Posted by ちゃーみー at 2015年01月25日 08:10
>ちゃーみーさん
どうm(略
私の生き様がもう既に「死んだように生きてる」って言葉通りですけどね。
人の目を避けるように生き延びる腕前には自信があります。

鉄道館はいいですよ。次回書こうとしてましたが
子供連れてってよし、アベックでよし、おっちゃん集団でよし、という
好スポットでありますね。

新幹線&リニアに対し蒸気機関車&レトロ電車という対極が味わえるのも
なかなかオツなものがございますよ。

あっ。



リニアだけはネタがないです。
Posted by たろたろ at 2015年01月27日 22:45
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。