› 素敵にサボタージュ › 時事ネタ › 地震についていくつか

2011年03月22日

地震についていくつか

管理人でございます。こんにちは。
久々のブログ更新となってしまいました。
いや、私も地震のこととか記事にしたいことは色々あったのですが
あまり地震のこともじっくり考える時間もなければ
お出かけ記事を書けるほど気も乗らないのでほったらかしてしまいました。

今更紹介の必要がないほどではありますがこの東日本大震災、
色々思いつくことを書き留めておきたいと思います。

1.情報の伝達

ちょうどこの時は会社で事務仕事してまして。
その直後出かけた時にラジオで聞いた
「只今、被害の報告は入って来ておりません…。」
…ってニュースキャスターが言ってたのが忘れられませんね。

実際どうなってるのか心配しながら仕事してたものです…。


2.亡くなった人

あれから1週間以上も経って、被災者…特に亡くなられた方の
名簿を見て思うこと。

0歳とか1歳とか、小さな子供の名前が目立つこと。

ホント見てて辛い気持ちになりますよ。
結局小さい子は親が守ってやるしかないのですよね。
ウチの娘だけは何があっても守ってやらないと!


3.買いだめする人

まあ…気持ちは分かりますけどね。不安でしょうし
自分だってそんな状況に置かれたらどうなるか想像できないですしね。
とはいえ本当に必要なのは"たくさんの人に満遍なく行き渡る"ことな
わけで、よろしくないのは事実なんですよね…。

まぁ、結論だけ言うと普段から非常用の食料なんかを備蓄しておいて
災害が起きたからって慌てないこと…なんですがね。
ウチもある程度の蓄えはしてますが面倒なことではありますねえ…。


4.ACジャパンのCMに文句言ってた人

誰かいたらしいですねえ。
「スポンサー企業の自粛で余ったCM枠を買いあさっている」とか言って
ACに抗議した人。
ホント何考えてるんでしょう。

そもそも誤解なんですよねこれ。
テレビ局側からしてみれば
「ホントならスポンサーのCM流すところがみんな自粛しちゃってるから
ACのCM流してるだけなんだよ。」ってわけなんですよね。

そもそもACってボランティア団体なんですよね。
それでお金が入って来てるワケじゃないみたいですよ。

大体、そんなことに対して抗議するヒマがあるならもうちょっと
別のことができないものなのかねえ?
何かそんな人間がいるのにはホントがっかりさせられます…。


5.「この地震は天罰だ」とか言ってた人

この言葉も結構有名なんでしょうか。
まぁねー、納得出来ない訳じゃないんですよ。
人間これだけ充実した暮らしをしていながら
ちょっとの事で文句言ったり他人を除け者にしてみたり
ガッカリな面もそりゃあもういっぱいあるんですよね。

でもそのセリフ、たまたま今回被害に合ってないからこそ言えるんであって
自分も避難生活を送らなければならない目に遭ったりしたら
そんなこと言ってられないと思うんですよね。

大体ホントに天罰を受けなければいけない人って他にいるんじゃあ
ないんですかね?
亡くなられたお年寄りや小さい子が天罰を受けなければならなかった、とは
到底考えられないんですがねえ??


6.パチ屋の明かり
これは気になりますね。
こんな時だと言うのにね。こちら(60Hz帯)は影響が少ないとはいえ
節電・省エネは必須じゃあないのかね?

もっと気になるのはパチ屋に貢ぎ続ける人間の方か?
貢ぐ金があったら募金したら?
私の周りにもいるんですよね、「負けてるのにやめられない」って人。
大体パチやって誰でも儲かるならパチ屋すぐ潰れるっつーの。

競馬も一緒だよね。
JRA潰れないもん。

あ!
こんな偉そうなコト言いながら私まだ募金できてません。
あー、近い内に行かないといけませんね。
私の1ヶ月の小遣い分くらいは貢いでこようと思ってますよ。


7.原発やめれば?って言う人

まぁこれも難しい問題ですよね。
ただねぇ…ホントに論じなければいけないのは
「やめれば?」じゃなくて「どうすればやめることができるのか?」
なんですよねぇ…。

日本で総電力のうち原発が20~30%だ、って言いますね。
じゃあみんなのウチで電気使用量を2、3割減らせばいいんです!
なんて簡単なんだ!!

…って言ったって寒けりゃヒーターつけるし暑けりゃクーラーつけるでしょ?
それをなんとかやめようと努力はしてる?
まあ私も人のコト言えませんが…。

まぁ、「原発やめれば?」なんて声高々に言いたければ
原発より安全で高効率な発電システムを考案するくらいしか
手がないでしょうな…。


8.原発の修理に志願した人

散々イヤな事ばかり書いてきましたがこんな素晴らしい人もいるんですねえ。
私も同じような境遇に立ったら志願…いや…どうしようかな。

ま、まあなかなか出来ないですよこんなこと!!
私もちったぁ見習わないとな…。


9.他にも働いてる人

あまり実感できないものではありますが、
自衛隊の隊員さん、医者や看護士の方、色々なお店の方などなどそれはもう
大変だったんだろうなと思います。
自分の家族や身内をほっぽりだしてでもやらなければいけない人も
たくさんいたでしょうし…。
全く、恐れ入ります…。



最近になってようやく仮設住宅だとか、復興に関する
話題が取り沙汰されるようになりましたね。
まあ、私なんぞに出来ることといえば…

あッ、取り敢えず募金いってきます…。

同じカテゴリー(時事ネタ)の記事
 かけごと、ごとごと (2011-05-31 23:09)
 珍しくためになる?お話 (2010-05-21 20:33)
 選挙についてこまごまと (2009-08-31 12:28)
 今日のお昼の出来事 (2009-08-11 18:53)
 先週の事故 (2009-07-26 00:31)

この記事へのコメント
わんばんこ!

ここまで多岐に渡り述べて見える方は無いですね
 
どっちらかって言えばあたいも一言居士の仲間なんですけど
3連発ぐらいはしないと迫力がないし、ホントの寝言になっちゃうから
そこそこにカキコしてますが・・

それと ルートさんの祭典で一番少ない額の募金をしちゃいました
Posted by 豊田の和ちゃん at 2011年03月22日 19:30
>和ちゃん
どちらかというと浅く広く的な感じですかね。
まぁ時間もずいぶん経ちましたのでネタは色々ありそうではあります。
とはいえ改めて見てみるとどれも当たり前すぎて
パッとしないできばえではありますねぇ…。


一番少ない額の募金といえばアレですね、
"思いやり"とか"心意気"とかいうヤツでしょうか!?
Posted by たろたろ at 2011年03月22日 21:03
珍しく、ちょっとマジメチックな記事書いてるではないか。
ポンちゃんも うん!うん!うなづきながら読んじゃいましたよ。^^

ポンちゃんも、テレビの中のあまりにも衝撃的な悲惨な映像や
情報に涙が止まらなくて、毎日 泣いてました。

でも、最近はその涙も、「感動の涙」に変わってきましたよ。
さすが日本! 日本国民は強い、優しい、たくましい!

日本人って、優しさや思いやり、助け合う気持ちが強いよね~。
本当、最近は感動の涙ばっかり。 ^^;

ポンちゃんも、義援金の募金しかできてないけど、ユーズネットでは
義援金箱を設置して、ご来店のお客様に募金をお願いしております。

たろさんも早く、おこづかい全額 募金しに来て! ^^
Posted by 三好のポンちゃん三好のポンちゃん at 2011年03月22日 21:47
ふらっと寄ってみればまた別人格が発生している!
本物ならここでダジャレで場を和ませるはず!
はいっ、「地震が来たぞ、○○○○!」

ACはどちらかというとネタにされてる感がありますが
まあたいがいの苦情なんぞ憂さ晴らしの延長上。
為になるものでもありますまい。
土建屋としては役に立てそうで立てないところが
心苦しい点であります。
Posted by ねこまたぎねこまたぎ at 2011年03月23日 16:24
>ポンちゃん
たまにはこんな本気と書いてマジな記事も書くんですよ!
マジメチックでドラマチック、それがサボタージュquality、というわけですよ。

いやー、私ももうちょっとニュースとか耳を傾けれるとよかったんですが
あんまり見てるヒマもないまま今に至ってるような?
おかげでどこかで聞いたようなお話ばかりになってしまいましたねえ…。

日本人が優しいとかっていうのは、やっぱり外国人の方の話を聞くと
はっきりわかりますよね。
「何で暴動が起きないんだ?」とか
「こんな事態だっていうのになんでみんな地下鉄の改札通ってるんだ?」
とかねー。
募金泥棒だのガソリン泥棒だのの話が取り沙汰されますが
それだって日本は少ない方なんでしょうかね?

あ、募金ですね。
昨日休みが取れたので行こうとしたのに失敗したし…
来週水曜日なら休みですが。あ、三好店も休みか…。


>ねこさん
最近では土建屋が役に立つタイミングかもよ?
道がなくともそれを作り出すのが土建屋でしょうが!!(笑
というわけで行ってきますか東北地方?
給料は安そうですが。(苦笑


それにしても地震でダジャレだなんてムチャブリが過ぎますよ!

地震でダジャレなんて自信ないよ!
震災の話はいいかげんにしんさいって誰か言ってたよ!?





…。
ご静聴ありがとうございました。
Posted by たろたろ at 2011年03月25日 21:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。